[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】日産社長会見の一問一答、ゴーン統治の負の側面

(2018/11/19 23:30)

  • 「長年にわたるゴーン統治の負の側面と言わざるを得ない」と会見で述べる西川広人日産社長(19日夜、横浜市西区の日産本社)

 日産自動車の西川広人社長がカルロス・ゴーン会長の逮捕を受けて19日に行った記者会見の主なやりとりは次の通り。

 【冒頭発言】

 社内調査の結果、ゴーン会長による重大な不正行為が確認された。長年にわたるゴーン統治の負の側面と言わざるを得ない。関係者の信頼を裏切ることになり申し訳ない。残念という言葉をはるかに超えて、強い憤りと落胆を覚えている。第三者委員会を早急に立ち上げ、背景を掘り下げてもらう。

 【質疑応答】

 ―問題の詳細は。

 検察による捜査が進んでおり、詳細は申し上げられない。ただ、取締役の義務に大きく反する内容で、当然、解任に値すると理解している。22日に取締役会を招集し、代表権と会長職を解く提案を行う。

 ―なぜ見抜けなかったのか。

 会社の透明性が低く、ガバナンスの問題が大きかった。ゴーン会長がルノーと日産の最高経営責任者(CEO)を兼務する時期が長く、権力が集中していた。企業統治から見れば注意すべき権力構造だった。

 ―ゴーン会長への評価は。

 特に初期において実施した大きな改革の実績は紛れもない事実。ただ、その後は功罪両面があった。

 ―この問題の影響は。

 当社の業務執行に大きな影響はない。また、ルノー、三菱自動車とのパートナーシップにも何ら影響を与える事案ではない。むしろ緊密に連携し、アライアンスに影響が出ないようにする姿勢が重要だ。(時事)

(2018/11/19 23:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン