[ 機械 ]

第61回十大新製品賞/モノづくり賞 三菱電機

(2019/2/11 05:00)

  • FAシステム第一部の柴田氏(右)と綿部氏

【産業用PC「MELIPCシリーズ」&データ分析・診断ソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」】

設備の予知保全や歩留まりを改善したい―。こうした製造現場の課題は複数の要因が考えられ、熟練技術者の経験や知恵で解決しているケースも多い。

三菱電機の分析・診断ソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」は、現場の技術者がデータ分析の専門知識がなくても、データを使い課題を解決できるツールだ。同社の人工知能(AI)を活用した類似波形認識を含め、10種類以上の分析手法を搭載する。

例えば切削機の故障を予測する場合、モーターの電流値、機械の温度や振動など、故障と関係がありそうなデータが抽出される。利用者は複数の抽出データを操作画面上で重ねるなどして故障との相関を見いだし、選んだデータをいくつかの分析手法に順次当てはめていくと、予測ルールを導き出せる。蓄積したデータから導いたルールは現場に適用され、設備から逐次発生するデータを当てはめてリアルタイムに診断し、故障を予測する。

ルールの導出から診断までプログラミングが不要な一方、膨大なデータから故障予知など目的に関係するデータを見いだすには、現場で培ったノウハウが必要。柴田剛志FAシステム第一部ソリューション推進開発グループマネージャーは「工場の技術者が知恵を生かし、画面操作のみで高度な分析ができるソフトを目指した」と強調する。

一方、高速で動く設備の稼働状況を把握して分析するには、高速で高精度なデータ収集や処理が欠かせない。例えば1秒間に複数の穴をあける加工機で、主軸モーターの電流値の変化から工具が加工対象物(ワーク)に接して貫通するまでの動きを分析する場合、1秒間隔でデータを集めていては変化を捉えられない。

産業用PC「MELIPCシリーズ」は、産業用ネットワーク「CC―Link IEフィールドネットワーク」との組み合わせで、「1000分の1秒単位でデータを収集し、正確にタイムスタンプを打つことができる」(綿部良介同部コントローラ開発課長)。データ分析で導く予測ルールは、データが正確で細かいほど精度を高められる。両製品の相乗効果で現場のデータ活用に貢献する。(西沢亮)

【製品プロフィル】

工場内のエッジ領域でデータを収集・分析し、リアルタイムに制御する産業用PC「MELIPCシリーズ」。産業用PCで動作し、分析の専門知識がなくても高度なデータ分析や診断が可能なソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」。両製品とも工場用IoT(モノのインターネット)基盤「エッジクロス」に対応する。

(2019/2/11 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる