[ 政治・経済 ]

【電子版】アマゾン第2本社、NY市長が優遇措置擁護 雇用獲得「極めて重要」

(2019/2/12 11:30)

  • ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏(18年3月、NY=ブルームバーグ)

 ニューヨーク市のデブラシオ市長は、米アマゾン・ドット・コムの「第2本社」が地域の雇用にもたらす効果は「極めて重要」だと述べ、誘致インセンティブの提供を擁護した。

 デブラシオ市長は11日、ニューヨーク州議会の合同財政委員会で証言。アマゾンの誘致が2万5000-4万人分の雇用をニューヨーク市民に幅広く提供することにつながり、その多くは高賃金の仕事だと指摘。「テクノロジーのコミュニティーを築くことがわれわれの望みで、他の都市でなくニューヨーク市がこれら雇用を獲得することが私にとって極めて重要だった」と語った。

 ニューヨーク市は積極的な誘致活動を通じて第2本社の拠点の一つに選ばれたが、デブラシオ市長とクオモ・ニューヨーク州知事は、地元政治家や地域住民団体の指導者の反発に遭っている。誘致プロセスに関与できなかったことへの不満や、市が歳出削減に乗り出しているさなかに30億ドル(約3300億円)の優遇措置を時価総額が1兆ドル近い企業に提供することへの批判が上がっている。

 アマゾンはどの企業にも提供されている州の既存の優遇措置を受けたにすぎないと、デブラシオ市長は指摘。同市が追加の優遇措置を提供しなかったと話した。

 市長はさらに、建設は労働組合員によって行われ、建物のサービスに関連する管理人などの職も組合員が埋めることになると語った。(ブルームバーグ)

(2019/2/12 11:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン