【電子版】米テスラ、小型SUV「モデルY」発表 スタンダードモデルは440万円から

(2019/3/15 17:00)

  • テスラが発表した電動SUV「モデルY」(14日、米カリフォルニア州ホーソーン=ブルームバーグ)

  • テスラが発表した電動SUV「モデルY」(14日、米カリフォルニア州ホーソーン=ブルームバーグ)

  • テスラが発表した電動SUV「モデルY」(14日、米カリフォルニア州ホーソーン=ブルームバーグ)

【シリコンバレー=時事】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは14日、小型SUV(スポーツ用多目的車)「モデルY」を発表した。標準タイプは3万9000ドル(約440万円)から。コンパクトセダン「モデル3」に続いて、市場で人気の高いSUVで価格を抑えた車種をラインアップに加え、EV普及期を先導したい考えだ。

 モデルYは、モデル3をベースに開発した5人乗りSUVで、7人乗りへの変更も可能。標準タイプは1回の充電で走行できる距離が約370キロメートルで、2021年春に引き渡しを始める方針だ。

 走行距離が約480キロメートルの上位タイプは、先行して20年秋に投入する。価格は4万7000ドルからで、14日に受注を開始した。

(2019/3/15 17:00)

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン