[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイングCEO、システムの誤作動認める 737MAX8墜落事故で

(2019/4/6 05:00)

  • ボーイングのデニス・ミューレンバーグCEO(18年12月、ワシントン=ブルームバーグ)

【シカゴ=時事】米航空機大手ボーイングのミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は4日、声明を発表し、インドネシアとエチオピアで相次いだ新型旅客機「737MAX8」の墜落事故について、自動制御システムが誤った情報を基に作動していたとの見方を示した。同社が2件の事故でシステムの誤作動を認めたのは初めて。

 ミューレンバーグCEOは機体の失速を自動的に防ぐ装置「MCAS」に関し、「両方のフライトで、機体の角度に関する誤った情報に反応して作動したのは明らかだ」と述べた。

 新型機は大きなエンジンを搭載した結果、機首が上を向きやすく、失速を防ぐため自動で機首を下げるシステムを採用した。昨年10月のインドネシア機の事故では、機体の角度を計測するセンサーの不具合で機首が下がり過ぎたことが、墜落につながった可能性が指摘されている。

 エチオピア政府は4日、事故に関する暫定報告書を公表し、操縦士を含む乗員は「ボーイングから提示されていたすべての手続きに従ったが、機体をコントロールできなかった」と指摘。さらに、「意図せずに機首が下がる状態が何度も確認された」と説明した。

 ミューレンバーグCEOは新型機について、ソフトウエアの改良や操縦士訓練の拡充を通じ、「意図しないMCASの作動の可能性を除去し、MCAS関連の事故が二度と起きないようにする」と述べ、再発防止策を徹底する考えを示した。

(2019/4/6 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる