[ ICT ]

【電子版】アップル、定額制ゲーム投資5億ドル超か FT紙報道

(2019/4/15 13:00)

  • 定額制ゲームサービス「アップルアーケード」を発表する米アップルのティム・クックCEO(3月25日、カリフォルニア州クパチーノ=ブルームバーグ)

 アップルは、新たな定額制ゲームサービス「アップルアーケード」で提供するビデオゲームの新作確保を目指し、「数億ドル」を投資する計画だ。事情に詳しい複数の関係者を引用し、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)が報じた。

 同紙によると、アップルがゲームを定額制サービスの新たな収入源にしようと本腰を入れる状況を示す動きであり、ゲームプラットフォームのグーグルやテンセント・ホールディングス(騰訊)のほか、コンソールメーカーの任天堂やソニー、マイクロソフトとの間でもコンテンツ独占権の獲得競争が激しさを増す現状も浮き彫りにする。

 同紙によれば、アップルはアップルアーケードでの提供を目指す100本強のビデオゲームの大部分に対し、1本当たり数百万ドル支払う予定であり、予算総額は5億ドルを上回る可能性が高い。

 事情に詳しい関係者数人からの情報をFTが引用したところでは、ゲーム開発業者がグーグルプレイのアプリストアなどで販売せず、アップルアーケードで独占販売することに同意した場合、さらなるインセンティブをアップルは支払う用意があるという。数カ月の独占期間を経過すれば、任天堂の「スイッチ」やソニーの「プレイステーション」といったコンソール向けの販売も可能になるという。

 FT紙の取材に対しアップルはコメントを控えている。(ブルームバーグ)

(2019/4/15 13:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン