[ ICT ]

【電子版】米アップル、3D-LiDARセンサーで複数社と交渉 自動運転「Titan」プロ復活か

(2019/4/20 05:00)

  • アップルの自動運転車による公道試験は昨年夏以降に大幅に拡大している(ブルームバーグ)

【サンフランシスコ=ロイター時事】米アップルは、次世代の自動運転車用3次元レーザーレーダー「LiDAR(ライダー)」の調達に向けて少なくとも4社と協議し、技術について検討した。一方で、LiDARの自社開発も引き続き進めている。関係者3人が匿名を条件に明らかにした。

 アップルの動きは、同社が自動運転プロジェクト「プロジェクト・タイタン」に再び意欲的になっていることを裏付けている。関係者らによると、アップルは現在より安いコストで大量生産が容易なLiDARを希望している。また、関係者の1人は、アップルが「革新的デザイン」を求めて高いハードルを設定していると語った。

 現行のLiDARシステムは10万ドルのコストがかかる可能性がある。

 何十社ものスタートアップ企業や成熟企業は、LiDARの小型化と生産コスト削減、精度向上への取り組みに総額10億ドルを投じている。

(2019/4/20 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる