[ 科学技術・大学 ]

【電子版】「裸のモナリザ」、ダビンチ本人作の可能性高く 仏専門家が分析

(2019/5/2 05:00)

フランスのコンデ美術館で報道陣に公開された「裸のモナリザ」(3月12日、パリ近郊シャンティイ城内=時事)フランスのコンデ美術館で報道陣に公開された「裸のモナリザ」(3月12日、パリ近郊シャンティイ城内=時事)

【パリ=時事】ほほ笑みを浮かべてこちらを見詰める絵の中の人物―。体つきは女性だが、腕や顔は男性のようにも見える。上半身を横に向けて両手を組む姿は、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」にそっくりだ。フランスのパリ北方にあるシャンティイ城内のコンデ美術館に所蔵されている絵画「裸のモナリザ」が、専門家による分析の結果、ダビンチが描いた可能性が非常に高いことが分かった。2日はダビンチの没後500年。6月から記念展覧会を開催し、特別に展示する。

 コンデ美術館によれば、「裸のモナリザ」はシャンティイ城の所有者だったオマール公が1862年に購入した。1990年代と2014年に短期間公開された以外は、劣化を抑えるため館内に秘蔵されている。

 モナリザが描かれたのは1503年以降とされ、「裸のモナリザ」は1510年前後の制作とみられる。ダビンチの工房で描かれたことは分かっているが、弟子か本人の作かは不明。

 コンデ美術館は2017年秋、没後500年を前に真偽を確かめるべく、モナリザを所蔵するルーブル美術館内の仏美術館修復研究センターに分析を依頼。顕微鏡や紫外線を使い、左上から右下に向かって描かれたことを突き止めた。ブルーノ・モッタン・センター長は「明らかに(ダビンチと同じ)左利きの画家の作品だ」と強調した。

 ただ、工房には左利きの弟子が1人いたことも知られており、コンデ美術館学芸員のマチュー・デルディク氏は「ダビンチ本人が描いたと断定はできない」と語る。それでも、腕や手の位置がモナリザとほぼ一致するほか、使われた紙は、ダビンチの活動と同時期に同じ地域で生産されたことも判明。「卓越したぼかし技法や入念な輪郭の描き方などからも、ダビンチ本人の作品である可能性は極めて高い」と語った。

(2019/5/2 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる