[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイング、737MAXの警報装置の不備 米当局に1年以上報告せず

(2019/5/7 05:00)

  • ボーイングは航空会社やパイロットに対して前モデルの737と同様にAOA数値の不一致アラートがMAXの標準装備であるような説明をしていたが、実際はオプションのインジケーターを購入した顧客だけが作動していたことを墜落事故の前に認識、当局と情報共有していなかったという(19年3月、ワシントン州レントン=ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米航空機大手ボーイングは5日、墜落事故が相次いだ新型旅客機「737MAX」について、飛行データの不一致を知らせる警報システムが標準搭載となっていないことを1年以上にわたり米連邦航空局(FAA)に報告していなかったと明らかにした。航空機の安全性や運航に影響はないと判断したという。

 警報システムは、機体の角度を計測する二つのセンサーの数値が大幅に異なる場合に作動し、パイロットに注意を促すもの。新型機では追加料金が必要となり、事故機にはいずれも搭載されていなかった。2件の事故では、センサーの不具合が墜落の誘因になった可能性が指摘されている。

 ボーイングによると、警報システムの問題は、昨年10月にインドネシアで1件目の事故が起きた後、初めてFAAに報告されたという。

(2019/5/7 05:00)

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる