[ 科学技術・大学 ]

【電子版】中国当局、宇宙実験室「天宮2号」また混乱 落下報道後に「まだ軌道上」

(2019/7/19 20:30)

  • 博覧会で展示された中国の宇宙実験室「天宮2号」のレプリカ(17年6月、北京=EPA時事)

【北京=時事】中国の宇宙実験室「天宮2号」は19日夜、大気圏へ再突入する予定だ。ただ、共産党機関紙が「任務完成」を伝えた1時間半後に、当局が「(まだ地球を回る)軌道上にある」と報道を否定するなど、情報が錯綜(さくそう)した。昨年の「天宮1号」落下時に続く混乱となった。

 昨年4月に「天宮1号」が落下した際は、予想落下地点が二転三転し、世界を振り回した。今回は国営メディアの報道が混乱を招いた。

 人民日報(電子版)は同日午後4時(日本時間同5時)すぎ、中国有人宇宙プロジェクト弁公室の情報として「天宮2号が19日、大気圏へ再突入し、少量の残骸が南太平洋の予定海域に落下した」と伝えた。

 しかし、同5時40分、国営中央テレビが同弁公室の「公式発表」として「午後5時半現在、天空2号は上空190-370キロメートルの楕円(だえん)軌道上にある。今晩タイミングを見て制御下で再突入させる」と報道。人民日報もこれを転載した。

 天宮2号(全長10.4メートル、最大直径3.35メートル)は、2016年9月に打ち上げられ、有人飛行船や無人補給船とのドッキングなど予定された全ての実験を完了した。

 中国は天宮をひな型に有人宇宙ステーションを開発中で、20年には飛行士の生活・作業空間となる「コアモジュール」の打ち上げを計画。その後、二つの「実験モジュール」を加え、22年ごろの運用開始を目指している。

(2019/7/19 20:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる