[ 環境・エネルギー ]

【電子版】18億人に迫る水不足リスク、インドでは暴動 企業活動に支障も

(2019/8/13 05:00)

  • 干上がったポーラー湖。チェンナイに住む人の水資源となっている(7月5日、インド・チェンナイ=ブルームバーグ)

 17カ国に住む18億人近い人々に水の危機が迫っているようだ。つまり全世界で総人口の4分の1が今後数年のうちに深刻な水不足に見舞われる可能性がある。

 米ワシントンにある世界資源研究所(WRI)のアキダクト・ウオーター・リスク・アトラスが6日発表した分析によれば、17カ国のうち12カ国が中東・北アフリカだ。アジアではインドとパキスタン、中央アジアではトルクメニスタン、欧州はサンマリノ、アフリカ南部ではボツワナが脅かされている。

 水を巡るリスクのランキングで最も厳しいとされる1位となったのは、海水淡水化システムに水道水を大きく依存するカタールだ。

  • WRI調査による水不足リスク懸念17カ国において12カ国が中東・北アフリカに集中している(出展:World Resources Institute's Aqueduct Water Risk Atlas= https://www.wri.org/)

 インドでは南部にある人口710万人の都市、チェンナイが今年、熱波とモンスーンの遅れに見舞われた。幾つかの淡水湖が干上がり、抗議活動や暴動を招いた。企業活動も中断し、従業員に自宅で勤務するよう求めたテクノロジー企業もあった。

 WRIによると、水に関する極めて高いストレスを抱えた国は平年、入手可能な地表水・地下水の最大80%を使っており、小規模な雨不足でも深刻な影響をもたらしかねない。17カ国中13位のインドでは、残りの16カ国を合わせた全人口の3倍以上の人々が暮らしている。(ブルームバーグ)

(2019/8/13 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる