[ 化学・金属・繊維 ]

【電子版】インドネシア、20年1月からニッケル鉱石の輸出禁止 2年前倒し

(2019/9/3 11:30)

  • ニッケル粉末(8月2日、ブルームバーグ)

【ジャカルタ=ロイター時事】インドネシアは2日、ニッケル鉱石の輸出停止について、当初より2年前倒し、2020年1月1日から実施すると発表した。国内での資源加工拡大の取り組みを加速させる。

 インドネシア・エネルギー・鉱物資源省のバンバン・ガトット・アリヨノ鉱物石炭総局長は、ニッケル鉱石の全てのグレードが輸出停止の対象になると説明。継続中の契約に関係なく、輸出業者に20年1月1日から出荷を停止するよう指示した。

 禁輸に関する臆測と2日の発表を受け、ニッケル価格は押し上げられた。同日のロンドン金属取引所(LME)のニッケル3カ月物は3%高のトン当たり1万8470ドルに上昇。約5年ぶりの高値を付けた。

 インドネシアは、世界最大のニッケル鉱石生産国。国際ニッケル研究会によると、同国のニッケル鉱石の供給量は昨年、世界全体の26%を占めた。輸出禁止により、世界最大のニッケル消費国である中国への供給に影響するとみられている。

 アリヨノ氏は記者団に対し、「国内のニッケル確認埋蔵量は6億9800万トンだ。精錬施設への7.3年分の供給しかないことになる」と指摘した。現在稼働している国内製錬所は11カ所で、生産能力は2400万トンという。

 インドネシア政府は22年までに、ニッケル製錬所を36カ所に増やし、総生産能力を8100万トンに引き上げることを目指している。

(2019/9/3 11:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる