産業春秋/手作りの産業振興

(2019/10/8 05:00)

木質バイオマス発電で町おこしに取り組む岡山県真庭市。人口減少に苦しむ地元産業界が、主要産業である製材業や林業の活用を考えた。これが成功事例として注目を集めるまでには幾多の努力があった。

木材集積場の入り口には車両用の積載量計がある。間伐材や製材所から出る切りくずを買い取って燃料チップに加工する。「当初はトラックの荷台に石を敷いてカサ増しする悪質な業者もいた。注意しても改めない業者とは取引を止めた」と施設の責任者。

今では林業を含めて50人を超す雇用を生み、住民に参加意識が芽生えつつある。「『庭木を刈ったから使って』と、軽トラックで持ち込んでくる住民もいる。ガソリン代を引いたら赤字でしょう」と苦笑する。

原子力発電所が立地する福井県高浜町の元助役が、関西電力の幹部らに3億円を超す金品を渡していた問題。巨額のカネが何を目的に動いたのか。工事発注を受ける地元企業は何を考えていたのか。報告書を読んでもよく分からない。日本の原発事業の未来に暗雲が漂う。

汚染の次は汚職とは。消費者の一人として、原発には二度裏切られた感がある。真庭の事例から住民に理解され、歓迎される、手作りの産業振興の貴さを思う。

(2019/10/8 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる