工業材料1月号/自動車電動化で需要高まる静音・放熱のための材料技術

(2019/12/12 05:00)

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」2020年1月号では、「自動車電動化で需要高まる静音・放熱のための材料技術」を特集する。

自動車の電動化の進展は、自動車材料の特性にも大きな影響を与えている。最近ではエンジン音がなくなったことから感じられる、車内の音響やタイヤの摩擦音などの静粛化や、電力消費を低減し航続距離を伸ばすための電子機器周辺の効率的な放熱のニーズが高くなっている。これを受けて、静音・放熱のための材料技術を特集する。

音・熱という二つの観点から各メーカーの材料技術の最新事例を取り上げる。プロローグは本田技術研究所の「自動車の電動化時代に高まる静音化と熱マネジメントの重要性」を掲載する。音に関する事例として、セキソー(愛知県岡崎市)による「不織布製吸音材」、ブリヂストンによる「EV化に伴うタイヤ技術開発動向」などを紹介する。熱に関する事例として、ユニチカによる「高熱伝導性ポリアミド」、JXTGエネルギーによる「高耐熱・高熱伝導性熱硬化樹脂」などを紹介する。

(2019/12/12 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる