新型コロナ/2月の機械受注2.3%増 8585億円、「足踏み」据え置き

(2020/4/9 05:00)

内閣府が8日発表した2月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が8585億円と前月比2・3%増え、2カ月連続で前の月を上回った。新型コロナウイルス感染症の影響は、明確には認められないという。ただ中国経済の減速や消費税率引き上げに伴うこの間の落ち込みに比べると、持ち直しのペースが鈍いとして、基調判断を「足踏みがみられる」に据え置いた。この判断を示すのは5カ月連続。(総合1参照)

船舶・電力を除く民需のうち製造業からの受注は、同1・7%減の3738億円と3カ月ぶりに前月を下回った。化学工業向けの化学機械や運搬機械、鉄鋼業向けの「その他重電機」や運搬機械などが振るわなかった。

一方で非製造業からの受注は、同5・0%増の4836億円と3カ月ぶりにプラスに転じ、全体を押し上げた。運輸・郵便業からの受注で「電子計算機等」の大型案件があったほか、建設業向けの建設機械や冷凍機械、金融・保険業向けの電子計算機等や運搬機械もプラスに寄与した。

だが先行きは新型コロナの影響から、民需の受注額が下押しされる公算が大きい。専門家の間では「企業業績の悪化と先行き不透明感を背景とした投資意欲の後退により、設備投資は当面、減少基調で推移する可能性が大きい」(第一生命経済研究所副主任エコノミストの小池理人氏)との見方が大勢だ。

(2020/4/9 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる