新型コロナ/東京都、休業要請は6業態 協力金 最大100万円

(2020/4/11 05:00)

  • 会見する東京都の小池百合子知事(10日、都庁)

小池百合子東京都知事は10日会見し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、生活必需品以外を扱う小売店舗や遊興施設など6業態に対し、休業を要請する措置を発表した。11日0時に開始し、5月6日まで実施する。合わせて、期間中に都の要請や協力依頼に応じる中小事業者に対し、1事業者につき50万円(2店舗以上を持つ場合は100万円)を「感染拡大防止協力金」として支給することも発表した。

6業態に対しては基本的に休業を要請するが、大学、学習塾などは新型コロナ対策の特別措置法施行令に基づき、床面積合計が1000平方メートルを超えるものだけが対象。

1000平方メートル以下の大学、学習塾などには、特措法によらない形で協力を依頼する“二段構え”で感染拡大防止策の実効性を高める。

協力金は、休業や営業時間短縮などの都の要請や協力依頼に「全面的に協力」する中小事業者に支給。ただ、準備期間が必要なため、11日からすぐに実施しなかったからといって支給の対象外にはしない。

中小事業者に対しては協力金以外に、新型コロナ対応の制度融資の拡充や上下水道料金の支払い猶予なども予定している。

休業要請に関しては、国は外出自粛要請の結果を2週間程度見極めてから、との方針だった。だが都では感染者数が「ケタ違い」(小池知事)に急増、累積していること、そのために医療体制が崩壊しかねない危機感が強かった。焦点の一つだった居酒屋については「社会生活を維持する上で必要な施設」の分類に位置付け、営業は5―20時、酒類の提供は19時までと要請することで決着した。

小池知事は10日の会見で「危機管理の要諦は最初に大きく構え、状況が良くなると緩和していくことだ」と強調した。

(2020/4/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる