エア漏れ探知機のレンタル開始、簡単操作で漏れ部分特定し画像表示【PR】

(2020/5/19 00:00)

【静岡】レント(静岡市駿河区、田島潤一社長、054・265・2201)は、生産現場のエア漏れ部位を特定、画像表示するハンディタイプの探知機「エアリークビューアー」のレンタルを始めた。リークに伴い発生する超音波を検出、解析してエア漏れ部分を特定する。確認したい部分に本体カメラを向けると本体モニターにカメラ映像とエア漏れ状態の音圧マップを重ねて表示するため、専門知識がなくても検出作業が可能だ。設備の定期修繕時にエア漏れをチェックすることでエネルギーロスを減らし、生産性改善に役立つとして製造業全般に提案する。

  • JFEアドバンテック 超音波エア漏れ探知機/エアリークビューア

 レンタルするのはJFEアドバンテック製のエアリークビューアー「MK-750」。レンタル価格は1日当たり1万2000円。本体は1.2キログラムと軽量で、持ち運びしやすい。エアリークが起こると、それに起因した超音波が発生する。これを本体に配列したセンサーで検知。センサーの配置位置による超音波の到達時間差を解析することで、超音波の発生源を特定する。また、液晶画面に実際の設備の映像の上に解析した音圧分布も表示するため、リーク部分を視認できる。映像はSDカードに保存できる。

 横方向50度、縦方向30度の広範囲が測定対象のため、効率的に検知作業が行え、架空配管など距離のある設備のリークも検出する。超音波を利用するため騒音環境で使用可能だ。

 レントは製造業・設備業のレンタル市場を開拓しており、工場内でエア供給をおこなうモーターコンプレッサのレンタルにも力を入れている。モーターコンプレッサのレンタル事業を展開するなかで、エアリークやエネルギー損失改善のニーズが強い。リーク検知のほか、流量測定サービスも行うなど、総合的なソリューションを提供している。

(2020/5/19 00:00)

この記事は下記の「Journagram」にも掲載されています→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる