PCR検査時間を2―3時間に半減 キュービクス、試薬開発

(2020/5/4 05:00)

【金沢】キュービクス(石川県白山市、丹野博社長、076・201・8821)は、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の作業時間を、従来の6時間以上から2―3時間に短縮できる試薬キット(写真)を開発し、発売した。現場で混ぜて調製する試薬を3分の1の2種類に削減したことで作業が効率化する。価格は1セット50検体分で3万円(消費税抜き)。

PCR検査は患者の検体からリボ核酸(RNA)を抽出し、デオキシリボ核酸(DNA)に転換、増幅させ、増幅の有無で感染を判定する。増幅に使用する試薬は6種類を混ぜて調整する作業が煩雑で時間がかかっていたが種類の削減で短縮する。検査ではプロメガ(東京都中央区)の検査試薬を組み合わせて使用する。また、プロメガのRNA自動抽出装置により、手作業だった抽出工程を自動化できる。

キュービクスは診断薬製造販売などを手がけている。今回の試薬キットの開発は2月に着手した。北陸に本社を置く企業が新型コロナのPCR検査用試薬を発売するのは初めてという。

(2020/5/4 05:00)

中日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン