新型コロナ/東京都、ロードマップと事業者向けガイドライン公表

(2020/5/22 15:30)

緊急事態宣言解除後のロードマップについて会見する小池都知事(22日、都庁)

東京都は22日、緊急事態宣言が解除された後に新型コロナウイルス感染症にどう向き合うかのロードマップと事業者向けガイドラインをまとめた。ロードマップには、事業者(企業)と都民に向けて特に「新しい日常」が定着した社会を目指すと明記。ウイルスとの戦いが長期化するとの前提に立ち、ガイドラインの中で、働く場や暮らしの場面で日常的に感染防止対策をする取り組みや手順を例示した。

ロードマップは、15日に示した骨子を基礎とし、七つの指標に基づき現在の「ステップゼロ」から段階的に休業要請などを緩和していく。まず緊急事態宣言解除後、飲食店の営業時間を現在の20時までから22時までに延長。屋内運動施設でのプロスポーツの無観客試合や50人規模のイベント開催を認める。

第1段階は学校の分散登校や図書館、博物館などを再開。第2段階は商業施設や劇場、映画館、学習塾など幅広い施設への休業要請を解除する。第3段階でゲームセンターや遊園地、パチンコ店を再開。営業時間短縮を要請している飲食店は、午前0時まで営業可能にする。イベントの開催規模も段階的に増やす。感染者が再度急増し指標を満たさなくなった時は「東京アラート」を発動し、再度休業要請をかける。

事業者向けガイドラインでは、商業施設などの施設を継続的に営業、使用できるようにするための方向付けをした。利用者への対策として、入場のための予約システムやオンラインチケットの導入による混雑緩和、従業員への対策として事前の検温や一度に休憩する人数を減らすことなどを記した。

(2020/5/22 15:30)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる