工業材料5月号/高周波対応FPC・周辺材料の開発動向

(2021/4/14 05:00)

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」5月号では「5G/ミリ波を見据えた高周波対応FPC・周辺材料の開発動向」を特集する。

小型・薄型化が進む電子機器に必須の部品としてフレキシブルプリント基板(FPC)が注目されている。特にミリ波の第5世代通信(5G)は超高速・大容量伝送のみならず、低遅延、多数同時接続を可能とし、近い将来の自動運転やIoT(モノのインターネット)の基盤技術となることが期待される。これらの実現にはFPCとそれに関する材料技術の構築が欠かせない。

本特集では高周波対応機能性材料をはじめ、FPC機能向上のための技術開発動向を紹介。総論では長岡技術科学大学の河合晃教授が高周波対応FPCや周辺材料の現状と今後の展開を俯瞰(ふかん)した。続いて、フレックスリンク・テクノロジーの松本博文社長がフッ素系ポリマーの応用開発を例に材料開発の動向を解説した。

このほか第一線の研究者による最新の開発動向を紹介。先端材料開発を支えるミリ波対応の材料計測技術も取り上げた。

(2021/4/14 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる