読者のみなさまへ/本紙購読料改定のお願い

(2021/6/11 05:00)

日刊工業新聞社は7月1日から、本紙の月ぎめ購読料を現行の4721円(消費税込み)から479円引き上げ、5200円(同)に改定させていただきます。1部売りの定価は260円(同、現行240円)とさせていただきます。読者のみなさまにご負担をおかけするのは誠に心苦しい限りですが、何卒ご理解をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

当社は本体価格(税別)を1994年9月以来、据え置いてまいりました。この間、新聞輸送費や原材料費が上昇しているほか、新聞製作システムなどの設備投資も増大しております。経営努力を重ねて対応してまいりましたが、苦渋の決断のもとに購読料を改定させていただくことにいたしました。

日刊工業新聞は産業総合紙として、これからもみなさまに役立つ質の高い情報を発信してまいります。一層の魅力ある紙面づくりと読者サービスに努めてまいります。引き続いてのご愛読をお願い申し上げます。

日刊工業新聞社

(2021/6/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる