機械設計5月号/3次元データ活用 設計から検査までの連携手法

(2022/4/8 05:00)

日刊工業新聞社が8日に発売する「機械設計」5月号は「デジタルモノづくりのための 3次元データ活用による設計から検査までの連携手法」を特集した。同特集では、デジタルモノづくりに向けた「QIF規格」や、非接触測定におけるガイドライン、設計から測定・検査までの連携に必須な各種ツールの動向を紹介する。

産業技術総合研究所の佐藤理氏が総論を執筆したほか、QVIジャパン、3D+1ラボ、エリジオンなどの関連企業が解説記事を執筆した。モノづくりのデジタル化が進展する中、米国の非営利団体「DMSC」が測定や品質保証を効率化するために開発されたQIF規格を中心に、デジタルモノづくりに必要な要素を盛り込んだ。

これまで3次元モデルに対し、後工程を見据え、幾何特性やデータム系、物性、加工、組み立て、検査条件などの製品特性(PMI)や管理情報(3DAモデル)の付加方法が検討されてきた。経済産業省の委託事業などではモノづくりのデジタル化とプロセス間連携、プロセスの自動化を見据えた基盤づくりなどが進められている。

(2022/4/8 05:00)

機械・ロボット・航空機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン