ロボ自身が動作計画・実行 安川電機、5機種を来月投入

(2023/11/29 17:00)

  • モートマンネクストシリーズ

安川電機は29日、次世代ロボット「MOTOMAN NEXT(モートマンネクスト)シリーズ」を12月に発売すると発表した。ロボット業界初というロボット自身が周囲の環境を認識・判断しながら動作を計画・実行できる自律性が特徴。加工対象物(ワーク)の変化や不確定要素が多く、従来はロボット導入が難しかった領域での自動化を支援する。

モートマンネクストでは通常のロボット制御に加え、人工知能(AI)などを盛り込める自律制御ユニットを搭載。センサーデータなどを基に、現実の世界を仮想空間に再現するデジタルツインによる動作計画と実行を高速で展開する。人がロボットに作業指示を出せば、ワークの位置ずれなど状況が変化しても作業を完結できる。自動化の一例として、大きさや形状が異なる野菜のピッキングから品質検査、箱詰めなどを想定している。

人が作業していた領域の代替を見据え、可搬質量4キロ―35キログラムの5機種を投入。今後の機種拡充も計画する。価格はオープン。

同社の岡久学上席執行役員は「ロボットがプログラムで動く発想ではなく、自ら環境を理解して動くことをコンセプトに開発した」と説明。販売目標は明らかにしていないが、「実績が生まれれば、加速度的に普及する」と期待を述べた。

(2023/11/29 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン