万博開幕まで500日 前売り券の予約開始、主要都市でイベント

(2023/11/30 17:00)

  • 大阪城を前に走る「ミャクミャク」などのデザインをラッピングを施した京阪電車

2025年に開催される大阪・関西万博が30日、開幕500日前を迎え、万博の前売りチケットの予約販売が始まった。東京都や大阪府など主要都市圏では関連イベントが行われ、関西の私鉄6社はラッピング列車の運行を開始した。運営主体の日本国際博覧会協会は入場券の約6割に当たる1400万枚を前売り券で賄う計画。入場券収入は万博運営費の原資となるため、全国的な万博の機運醸成が欠かせない。

  • JR大阪駅のコンコースには、「ミャクミャク」の写真スポットなども設けられた

JR大阪駅のコンコースでは、公式キャラクター「ミャクミャク」の写真スポットが設けられた。運営スタッフが万博のSNS公式アカウントのフォローを呼びかける中、若者から高齢者まで幅広い年齢層が立ち寄った。また万博協会の入場券担当者が現場に立ち、チケット購入に関連する質問に直接対応した。同様のイベントがJR品川駅、JR名古屋駅でも行われた。

関西企業も機運醸成イベントを実施。関西電力は大阪市北区の本社で森望社長と社員の有志が昼休みを使い、「ミャクミャク」と万博ステッカーを社員らに配りPRした。森社長は「グループで万博の前売り入場券20万枚を購入し福利厚生として使う。オールジャパンで万博を盛り上げることが大事で、我々もできることをしっかりやる」と強調した。

万博費用をめぐっては、会場建設費が当初計画の1・9倍となる最大2350億円に上振れし、これとは別に約840億円の国費負担が生じることが判明。万博の目玉である海外パビリオンの建設はいまだ着工がゼロと問題は山積する。協会は前売りチケット販売開始を機に、マイナスイメージの払拭を目指す。

(2023/11/30 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン