日本郵船が英に物流拠点 500億円投資、来春開業

(2024/3/1 17:00)

日本郵船は1日、物流事業として過去最大の約500億円を投じ、2025年4月に英ノーサンプトンで敷地面積11万平方メートル超の大型物流センターを開業すると発表した。グループ会社を通じ英セグログループの不動産会社と15年間の賃貸借契約に合意した。自動倉庫システムを導入し、将来の労働力不足などに対応する。

  • 英国に開業する大型物流センター(イメージ)

同センターは、日本郵船の物流子会社の郵船ロジスティクス(東京都品川区)の英国法人が運営する。日用品から大型家電などの耐久消費財まで幅広く取り扱うほか、温度管理した医薬品専用スペースも配置する。

18メートルもの天井高を最大限活用し、高密度で効率的な保管を行う。自律走行搬送ロボットや、パレット立体自動倉庫機能など最新の自動倉庫システムを導入し、時間を問わず正確で安定した倉庫の運用を実現する。

屋根には太陽光発電パネルを設置し、建築物の持続可能性を評価する「BREEAM認証」のエクセレント評価を達成するように設計する。近隣に建設される予定の貨物鉄道ターミナルを活用し、将来は鉄道輸送へのモーダルシフトも想定し、より環境に配慮した輸送を実現する。

日本郵船は物流事業を強化しており、最近では2月にeコマース(電子商取引)向け配送プラットフォーム事業会社を買収した。

(2024/3/1 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン