働き方相談/【Q】新任課長、変革の進め方は?

(2024/3/26 12:00)

【Q】新任課長、変革の進め方は?

新たに課長として配属されましたが、在籍期間が長い人たちが「これまでのやり方で良い」と提案を受け入れてくれません。どうすれば提案を受け入れてもらえますか?

【A】信頼構築し、成功体験積み上げ

変化への抵抗はよくあることです。提案を受け入れてもらうには、まず信頼関係を築くことです。相手の立場に立って、長年やってきたやり方を変えたくない気持ちに共感し、「これまで培ってきた経験やノウハウを大切にしたい」「突然、他の人から指示されたくない」といった相手の考えを理解しようとすることが大切です。その上で、個別面談で彼らの正直な意見や思いを聞き出すことが、信頼構築の第一歩です。

また、これまでの業務フローを理解し、尊重しつつ、「これまでの経験を活かしながら、さらに良い方法を一緒に考えていきたい」という姿勢を伝えます。当時と現在の状況の違いや、新しい方法のメリットを、データや事実に基づいて明確に説明し、変更に抵抗する人たちが持つ「やり方」への固執を和らげましょう。

さらに、一方的に指示するのではなく、相談という形で話し合い、みんなが主体的に取り組むよう促します。この過程で、みんなからの意見を取り入れ、「自分たちで考え出した方法」として取り組む意欲を高め、小さな成功体験を少しでも早く得ることが大切です。また、貢献した点についてはみんなの前で称賛し、モチベーションを高めましょう。

最後に、根気と対話、そして感謝が必要です。取り組みを継続することで、徐々に信頼関係を築き、提案を受け入れてもらえるようになります。変化には時間がかかることを理解し、焦らずに根気強く取り組むことです。コミュニケーションやお礼、褒めることを大切にしながら、少しずつ変革を進めていきましょう。

◇経営アドバイザー 飯田剛弘

ビジネスファイターズ 合同会社 CEO/マーケティングや海外関係の支援、チャットGPT・人工知能(AI)の活用の研修や経営層向けのアドバイザーやサロン運営も行う/中小機構やあいち産業振興機構でアドバイザー/著書に『令和上司のすすめ』(日刊工業新聞社)など7冊。

(2024/3/26 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン