関電、空飛ぶクルマ用充電器の試作機公開

(2024/4/10 17:00)

万博での運航へ今年度の開発目指す

  • 充電器の試作機(左奥)を空飛ぶクルマの機体を模した装置(右手前)と接続し、試験を続けている

関西電力は10日、スカイドライブ(愛知県豊田市)と共同開発中の空飛ぶクルマ用充電設備に関して、中核となる充電器の試作機を報道陣に公開した。スカイドライブ製の空飛ぶクルマを、30分―1時間程度で満充電できる性能という。2025年大阪・関西万博での空飛ぶクルマの運航に向け、25年3月までの開発完了を目指す。

充電設備は充電器、バッテリー冷却装置、電源設備、エネルギーマネジメントシステムで構成される。そのうち充電器は関電とダイヘンが共同開発している。ダイヘンの電気自動車(EV)用充電器の開発実績を生かし、高電圧・大電流の急速充電を実現する。現在スカイドライブは機体を製造中で、今後、機体と接続した試験を行う。

万博終了後は、運航を通じて出てきた課題を踏まえ改良し、本格的な販売につなげる。

関電は英バーティカル・エアロスペースとも連携し、同様の充電設備の共同開発を別途進めている。

(2024/4/10 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン