日銀、金融政策維持 総裁「緩和的な環境、当面継続」

(2024/4/26 17:00)

  • 会見する植田総裁

日銀は26日に開いた金融政策決定会合で、現行の金融政策の維持を決めた。無担保コール翌日物金利を0―0・1%程度に誘導する目標を据え置いた。長期国債の買い入れも3月会合の方針に沿って引き続き実施する。日米の金利差から円安が急激に進行したことを受け、日銀の判断が注目されていた。

同日開いた会見で、日銀の植田和男総裁は金融政策の運営について、「基調的な物価上昇率が続けば、金融緩和の度合いを調整していくことになるが、当面緩和的な金融環境が継続すると考えている」との見方を示した。その上で「海外の経済・物価動向、資源価格の動向、企業の賃金・価格の設定行動など、わが国の経済・物価をめぐる不確実性は引き続き高い。金融・為替市場の動向やわが国の経済・物価への影響を十分注視する必要がある」と政策を維持した背景を説明した。

急激な円安進行をめぐっては、「金融政策は為替レートを直接コントロールの対象とするものではない」としつつも「(為替レートの変動で)基調的な物価上昇率に無視できない影響が発生すれば、金融政策上の考慮や判断材料となると考え十分注視したい」と話した。

(2024/4/26 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン