昨年度の建機出荷、7.5%増3.7兆円 3年連続最高更新

(2024/4/30 17:00)

日本建設機械工業会(建機工)が30日発表した2023年度の建設機械出荷金額は、前年度比7・5%増の3兆7359億100万円となり3年連続で過去最高を更新した。輸出向けは同7・8%増の2兆6051億6300万円、国内向けは同7・0%増の1兆1307億3800万円でともに3年連続の増加。北米を中心に油圧ショベルやミニショベルの輸出が伸びたことなどがけん引した。ただ3月単月では輸出と総額が2カ月連続減で、急ブレーキがかかっている。

23年度の輸出向けは油圧ショベルが同4・6%増の1兆102億円と初の1兆円台に達したほか、ミニショベルも同18・3%増の4784億円と堅調に推移した。最大市場の北米向けは同18・3%増の9996億円と好調で、欧州も同8・0%増の3919億円と伸びた。一方、アジアは同11・2%減の2145億円。インドネシアなどの主要国が大統領選挙で様子見姿勢が強まったことが影響した。オセアニアは同4・4%増の796億円、中国は同2・0%増の123億円だった。

3月単月では輸出金額が前年同月比14・7%減の2292億5600万円、内訳も北米が同13・6%減の876億円、欧州が同29・8%減の313億円、アジアは同36・7%減の184億円と大幅な減少で、「北米は前年同月が大幅に伸びた反動もあるが欧州とアジアはかなり悪い」(建機工)。稼働率の目安となる補給部品は堅調だが、先行きへの不安が増している。

(2024/4/30 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン