[ 自動車・輸送機 ]

政府、自動運転の区分見直し−限定条件なしの「レベル5」新設

(2016/12/30 05:00)

政府は自動運転のレベル区分を見直す。従来のレベル1―4の4段階に、走行に関して限定条件がない「完全自動運転」をレベル5として新設する。米運輸省が、米国に拠点を置く自動車技術者協会(SAE)が定める自動走行のレベル分けを採用したのに歩調を合わせる。欧州はすでにSAEの定義を採用済み。2017年5月頃に開くIT総合戦略本部で新しいレベル区分を決定する方針だ。

新設するレベル5は、従来採用していたレベル4の完全自動運転を、レベル4とレベル5に2区分した内容とする。SAEは、レベル4を地理的や環境など限定した条件での完全自動運転と定義。レベル5を限定条件がない完全自動運転と定義する。政府はSAEの内容を採用して、国際的な自動運転のレベル区分と整合性をとる。

自動運転レベルの定義変更に伴い、市場化やサービスを実現する時期も見直す。新レベル4の無人自動運転移動サービス(専用空間・限定地域)の実現は20年までを想定。新レベル5の完全自動運転は25年までとする。政府がまとめる「官民ITS構想・ロードマップ2017(仮称)」に反映していく。

米運輸省は16年9月に、自動運転に関する指針などの政策を発表。その際、SAEの自動運転のレベル分けを採用した。

(2016/12/30 05:00)

関連リンク

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン