[ 新製品 ]

SUBARU、次世代SUV投入

(2017/4/7 05:00)

SUBARU(スバル)は6日、2012年の発売以来初の全面改良となるスポーツ多目的車(SUV)「XV」を5月24日に発売すると発表した(写真)。新車台を採用した次世代スバル車の第2弾と位置づけるモデルで安全性能と操縦安定性能を高めたほかSUVならではの走破性と都市部での使い勝手の良さを両立させた。価格は消費税込みで213万84000円から。月販2200台を計画する。

「毎日をアクティブに楽しむパートナーとして、しびれるくらいいい車に仕上がった」。吉永泰之社長は都内で開いた会見で新型XVの完成度の高さをアピールした。XVは主力車「インプレッサ」の派生車種。排気量2000ccに加え新たに同1600ccのエンジン搭載モデルを設定し、都市部での利用シーンが多いユーザー層のニーズに応える。歩行者用エアバッグと運転支援システム「アイサイト」最新版を標準装備した。XVは3月9日に先行予約を開始し、これまでに約2800台の受注があったという。

またスバルは同日、国土交通省と自動車事故対策機構が実施した自動車アセスメント「JNCAP」において新型XVとインプレッサが過去最高得点を獲得し、16年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞したと発表。吉永社長は世界的なSUV人気の高まりで競争が激しくなる中「圧倒的な安全性能の高さで勝負したい」と述べた。

(2017/4/7 05:00)

関連リンク

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる