[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】アエリオンの超音速ジェット ロッキード・マーチン参加へ

(2017/12/18 16:00)

  • アエリオンの超音速ジェット機イメージ(アエリオン提供)

2億ドルの社債発行へ、ゴールドマン起用

(ブルームバーグ)超音速のプライベートジェット開発を進める米アエリオンは、最大2億ドル(約225億円)の社債を発行する計画だ。米ロッキード・マーチンとも協力する。

 アエリオンが2003年から取り組んでいる超音速ジェット「AS2」プロジェクトで、外部資金を募るのは初めて。同社はテキサスの富豪ロバート・バス氏が支援している。

 15日の記者会見に先立つ電話インタビューで、アエリオンのブライアン・バレンツ執行会長は社債発社のためにゴールドマン・サックス・グループを起用し、1カ月以内に起債する可能性があると述べた。「予備設計段階向けに、当初は1億5000万ー2億ドル程度を想定している」と説明した。

 世界初の超音速ビジネスジェットを製造するというこの40億ドル規模のプロジェクトにとって、今回の起債計画は大きな1歩。

 アエリオンはすでに専用エンジンの設計で米ゼネラル・エレクトリック(GE)の協力を得ている。

 バレンツ執行会長によれば、23年の初飛行を目指す。英仏共同開発の「コンコルド」が03年に運航を取りやめてから、軍用機以外がマッハ1を超える速度で飛行したことはない。

 ロッキード・マーチン・エアロノーティクスのオーランド・カルバリョ執行副社長は15日の資料で、「未来の超音速機の先駆者的プラットフォームとなる可能性のある次世代の効率的なジェットの開発で、アエリオンと共に働くことに興奮している」とコメントした。

 バレンツ執行会長はアエリオンが当初は機体や翼の設計の検証などで欧州のエアバスと作業していたと説明。エアバスには現在、別の優先課題があるのかもしれない。エアバスは10月、カナダのボンバルディアから同社が進める小型商用機「Cシリーズ」の開発とマーケティングを引き継ぐことで合意している。

(2017/12/18 16:00)

おすすめコンテンツ

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

2022年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2022年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門
材料特性にとことんこだわって解説

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門 材料特性にとことんこだわって解説

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる