[ 金融・商況 ]

石炭、5年ぶり高値近辺−UBS見通し

(2018/1/10 05:00)

石炭価格は5年ぶりの高値近辺を維持するとの見通しを、UBSグループが示した。世界最大の石炭消費国である中国による過剰生産能力抑制の動きに伴い、同国の輸入需要が継続すると予想している。

UBSグループのアナリスト、ラクラン・ショー氏(メルボルン在勤)によれば、オーストラリアのニューカッスルの今年の石炭価格の平均は1トン=84ドルとなる見通し。国内生産削減と産業再編に向け、中国が2016年に開始した戦略を継続するためと説明している。昨年の平均は約87ドルで、その後100ドル超に上昇し、12年以来の高値で推移している。豪ニューホープなどの生産会社は価格上昇の恩恵を受けている。

ショー氏は電話インタビューで、「中国は年内と来年にかけて生産能力の削減を続けるだろう」と指摘。「既に海上輸送される発電用石炭の需要は増加している。中国の戦略は順調だが、生産能力の削減目標の達成度という意味では、依然として3分の1から半分は残っている」と述べた。

(ブルームバーグ)

(2018/1/10 05:00)

商品市況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる