[ ICT ]

【電子版】AT&T、タイム・ワーナーを「ワーナーメディア」に社名変更

(2018/6/18 14:30)

  • (6月13日、NYタイムワーナーセンターニューヨーク=ブルームバーグ)

 タイム・ワーナー(TW)の社名が新しい親会社AT&Tの下で「ワーナーメディア」に変更される。HBOやターナー・ブロードキャスティング、ワーナー・ブラザーズを抱えるTWの新社名命名は、ブルームバーグが15日入手した社内資料で分かった。AT&Tは14日、長期にわたる司法省との争いが決着したことを受けてTW買収手続きを完了した。

 社名変更で「タイム」というメディア史上最も象徴的な名前の1つがほぼ消えることになる。タイム・ワーナーは1989年に雑誌出版大手タイムと映画・音楽・ケーブルテレビ(CATV)事業のワーナー・コミュニケーションズの統合が決まって誕生した。その後のスピンオフでタイムは昨年、メレディスへの身売りで合意。タイム・ワーナー・ケーブル(TWC)は2016年に米CATV会社チャーター・コミュニケーションズに売却された。メレディスは雑誌タイムの売却手続きを進めている。

 今後ワーナーメディアを統括するAT&T幹部のジョン・スタンキー氏は資料で、メディア企業のタイム・ワーナーと元CATV会社のタイム・ワーナーの区別がつきにくいためTWの社名変更を決めたと説明した。ただチャーターはこの事業の名称を「スペクトラム」に変更している。(ブルームバーグ)

(2018/6/18 14:30)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる