[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイング787、40機弱が運航停止 ロールス・ロイス製エンジン不具合で

(2018/9/29 08:00)

  • ボーイング787ドリームライナーのロールス・ロイス製エンジン「トレント1000」(14年1月、ニュージーランド・オークランド=ブルームバーグ)

 英ロールス・ロイス・ホールディングス社製エンジンのタービンブレードの不具合が予想以上に急速に悪化していることが判明し、早急な修理のため、米ボーイングの787ドリームライナーはさらなる運航停止を余儀なくされている。

 事情に詳しい関係者の1人によると、このような不具合の状況発覚で、ロールス・ロイス製エンジン「トレント1000」のタービン約120基、世界の航空機の約8%が影響を受ける。早急な対応が必要な40機未満のドリームライナーが現時点で運航を停止しているという。

 指示が公表されていないことを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、数週間以内に航空安全当局から正式に修理を求められる見通しだ。ロールス・ロイスは、ニュージーランド航空が運航するドリームライナーが飛行中のタービン損傷に連日見舞われた昨年12月の段階で、タービンブレードの耐用年数が想定より短いことを把握した。

 欧州航空安全庁(EASA)に電話でコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。米連邦航空局(FAA)は、欧州当局およびロールス・ロイスとこの問題で協力していると説明した。(ブルームバーグ)

(2018/9/29 08:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン