[ ICT ]

【電子版】アップル、対中関税に反対表明 iPhoneへの影響を初言及

(2019/6/21 05:00)

  • カーネギー図書館を改装してオープンしたアップルストアに並ぶ「iPhone」(5月11日、ワシントンD.C.マウント・バーノン・スクエア=ブルームバーグ)

USTR宛書簡で訴え「米経済に貢献できなくなる」

 米アップルは中国からの輸入品に最大25%の新たな関税を賦課する計画を進めないよう、トランプ米政権に求めた。関税が発動されれば、米経済への同社の貢献度が低くなると訴えた。

 アップルはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表に宛てた今週の書簡で、「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」、「MacBook(マックブック)」、「アップルウオッチ」、ワイヤレスイヤホン「AirPods(エアポッド)」、「iMac」に至るほぼすべての自社主要製品が関税の対象になると指摘。

 また、スピーカー「ホームポッド」やヘッドホン「ビーツ」、ワイヤレスルーター、セットトップボックス「アップルTV」、ケース、アイフォーンの交換用部品といった販売量が比較的少ない製品も打撃を受けるとした。アップルは「こうした関税計画を進めないよう要請する」と記した。

 同社が関税の影響を受ける製品リストでアイフォーンにはっきり言及したのは今回が初めて。アイフォーンは同社の売上高の約3分の2を占め、他のデバイスやサービスの購入を促す推進力となっている。

 書簡はさらに、アップルが米国で最大級の雇用創出企業だと指摘したほか、米企業で最大の納税者だと強調。同社は米経済に5年間で3500億ドル(約37兆5700億円)余りの直接的貢献を行うと表明しており、その目標に向けて順調に進んでいるとした。

 また、関税はアップルの国際的な競争力を圧迫するとも説明。「アップルが世界で競合する中国メーカーは米国に大きく進出していないため、同関税の影響を受けることはない」と指摘した。

 トランプ政権は中国製品約3000億ドル相当に対する新たな関税賦課計画の一環として7日間の意見公募期間を設けており、アップルの書簡は同期間に送付された。米政府は貿易赤字や知的財産窃盗などの通商慣行の問題に対処する対中合意の最終取りまとめを目指している。(ブルームバーグ)

(2019/6/21 05:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる