[ 政治・経済 ]

【電子版】インドネシア、カリマンタン島に首都移転 ジョコ大統領が表明

(2019/8/18 05:00)

  • ジャカルタで演説するインドネシアのジョコ大統領(16日、AFP時事)

【ジャカルタ=時事】インドネシアのジョコ大統領は16日、国会で演説し、首都をカリマンタン島に移転させたいと表明した。「経済的な平等と正義を実現し、インドネシアを前進させるためだ」と説いたが、具体的な移転先は明かさなかった。

 ジョコ大統領は演説で、「経済活動はいまだ首都ジャカルタと(首都のある)ジャワ島に集中し、人口も密集している。放置すれば島外との格差が拡大する一方だ」と語った。

 インドネシアの主要な島では、独立を求める勢力と国軍が衝突しているパプア島を除き、カリマンタン島は人口密度が最も低い。また、地震と津波で、昨年3000人以上が死亡したスラウェシ島や、2004年に20万人超が犠牲となったスマトラ島と比べ、地震の被害を受けにくいとされる。

カリマンタン島(時事)

 国家開発企画庁のバンバン長官によると、新首都には、政府や議会の施設、空港・港、病院、官舎などを建設。最大150万人の公務員を移住させる。21年に着工、24年の移転開始を目指す。

 費用は330億ドル(約3兆5000億円)を見込むが、全てを政府資金でまかなう財政の余裕はなく、一部施設を民間の資金で建てる。ただ、民間の投資が目算通りに得られるかは不明だ。

 首都移転は初代スカルノ大統領の時代から議論されてきたが、実現していない。ジョコ大統領は大統領選直後の4月、島外への首都移転を宣言。カリマンタン島を視察していた。

(2019/8/18 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる