リケジョneo(95)三菱ケミカル・福島慶さん

(2020/3/9 05:00)

「太陽電池か色素」強く志望

総合1から続く)今の道に進むきっかけは、高校生の時に興味を持った環境問題でした。テレビのニュース映像だけでなく、身近でも雪が減っていて、危機感を感じました。太陽電池をやりたくて東京理科大学工学部、同大学院に進み、「色素増感太陽電池」の色素を研究。化学の面白さに引かれました。化学構造の小さな枝分かれ部分(置換基)が変わるだけで、いろいろなものができるんですよ。入社面接の時にも「太陽電池か色素をやりたい」とアピールしました。研究を通じて住みよい社会に貢献したいです。

最初の3年間は福岡事業所(北九州市八幡西区)で、工場の人と打ち合わせしながら新素材を量産するためのスケールアップ検討を担当しました。今の色素研究がうまくいけば福岡に持っていけるので、頑張ります。

現在の職場は広い実験室に2人だけ。実験はたくさんできますが、もっと人とのつながりがほしいです。勤務するサイエンス&イノベーションセンター(横浜市青葉区)には多様な研究者がいます。新設される研究棟は、コミュニケーションしやすい造りになるので、異分野の人たちと連携できるのが楽しみです。

入社して、社内に蓄積された大量の色素情報に驚きました。歴史の長い会社の良さです。古くからの技術蓄積を今の目で見ると違う価値があります。どのようにデータにまとめ、マテリアルズ・インフォマティクス(人工知能を使い素材開発を効率化する手法)に活用するか。やりたいことの一つです。

仕事以外も好きな事はたくさん。本格的な登山に、冬のスキー。会社の軽音部にも入っています。登山は頭を空っぽにできる時間です。(文=梶原洵子、写真=成田麻珠)

◇三菱ケミカル サイエンス&イノベーションセンター

(2020/3/9 05:00)

ひと カイシャ 交差点のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる