新型コロナ/リース業界、支払い猶予「柔軟対応」 翌月以降に繰り延べなど

(2020/5/13 05:00)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リース料金の支払い猶予を求める相談が相次いでいる。リース事業協会(リース協)の電話窓口には、新型コロナ以前に比べ、ほぼ3倍の問い合わせが寄せられ、対応に追われている。一方、経済産業省はリース事業者に柔軟な対応を求めており、各社は月払いの料金を翌月以降に繰り延べるなど救済措置を取っている。

リース協が設置した新型コロナの相談専用ダイヤルには、月100件程度の相談があり、多くが支払い猶予に関する相談だという。前年度は苦情相談ダイヤルとし、年間で400件程度の連絡だった。

経産省は4月、リース協に対し、中小企業の支払い猶予などで柔軟な対応を求める要望書を提出した。

金融機関からの借入金の返済猶予は認識が進むが、リースについては「契約した会社に支払いの相談をしていいものかも分からず、こちらに相談するケースが多い」(リース協)と、相談をためらう利用者もいるようだ。

国の要望を受け、リース各社は、顧客の財務状況などを考慮しながら「支払いについて柔軟に対応している」(東京センチュリー)、「相談のあったお客さまには真摯(しんし)に対応する」(三井住友ファイナンス&リース)としている。相談することで状況が改善すれば利用者、リース会社の双方に利点があり、リース協は「遠慮せずに聞いて欲しい」としている。

(2020/5/13 05:00)

金融のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる