企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

はしご昇降時の安全対策「3M(TM) DBI-サラ(TM) Lad-Saf(TM) 垂直親綱シリーズ」を発売

(2019/10/9)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:スリーエム ジャパン株式会社

はしご昇降時の安全対策「3M(TM) DBI-サラ(TM) Lad-Saf(TM) 垂直親綱シリーズ」を発売

高所からの墜落防止対策をトータルソリューションとして提供開始

 スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダーロウ)は、はしごに設置する安全対策製品「3M(TM) DBI-サラ(TM) Lad-Saf(TM) 垂直親綱シリーズ」の受注を11月5日から開始します。  3Mは、作業者が着用するフルハーネスやランヤードだけに留まらず、設備側の安全対策を含めたトータルソリューションを提供して墜落防止に取り組むことを目指しており、本製品はその第一弾となります。


◆新製品発売の背景
 2018年には脚立やはしごなどからの墜落・転落災害により4,716件の死傷災害が発生しており、29人の方が亡くなっています※。※平成30年 厚生労働省 労働災害統計
 日本での固定はしごの安全対策は一般的には「背かご」が使用されていますが、より安全な対策を提供するために、フルハーネスと併用して固定はしごの昇降を可能にする「3M™ DBI-サラ™ Lad-Saf™ 垂直親綱シリーズ」を発売します。

◆製品の特徴
▼はしごに本製品を装着した図


▼使用イメージ


 本製品は工場や橋梁、風力発電所などの常設のはしごに設置し、はしご昇降時にもフルハーネスで墜落対策ができる親綱です。前方にDリングがついているタイプのフルハーネスと併用して使用します。万が一の落下時にも、フルハーネスで体を支え、墜落を防ぐことができます。

1. 安全性の高さ

独自に開発した小型のショックアブゾーバーにより、スリーブの長さを23cmと短くすることに成功。落下距離を最小限にすることで、作業者への衝撃を抑えます
3M独自の技術でブラケットにも衝撃吸収機能を内蔵。墜落時にはしごへの負担を軽減し、はしご自体が壊れる可能性を軽減します
高所作業の安全対策の先進国である米国の「ANSI Z359.16」の規格に適合しています

2.作業性の高さ


「背かご」などの安全対策などに加え、「2丁掛け」と呼ばれるフルハーネスと2つのランヤードを併用する方法もあります。しかし、2つのランヤードを交互に掛けかえる必要があるため、昇降に時間がかかることが課題です。本製品はスリーブが作業者の動きに合わせて追従するため、昇降時の掛けかえ作業が一切不要となり、スムーズに昇降ができます

3. 設置の簡易性


10m以下のはしごであれば、1脚約30分程度で取り付けが可能です
設置に特別な資格や高度な技術が不要で、工場の工務担当者や道路や橋梁の管理担当者でも施工が可能です

◆担当者のコメント
 安全衛生製品事業部 マーケティング部 マネジャーの下山和哉は以下のようにコメントしています。
「フルハーネスの普及に伴い安全意識が高まる中で、はしご昇降時の安全対策についてもご要望を多くいただいたことが、本製品発売のきっかけです。フルハーネスだからこそできるこの安全対策は、従来の方法よりもさらに安全で、スムーズな作業が可能になりました。設備側に設置が必要ですが、人手不足が深刻で施工者が長時間確保できない場合にも、特別な資格が不要でスピーディに設置できることで、現実的に導入しやすい安全対策だと自負しています。」

◆「3M™ DBI-サラ™ Lad-Saf™ 垂直親綱シリーズ」製品一覧
 「3M™ DBI-サラ™ Lad-Saf™ 垂直親綱シリーズ」は3つのパーツから構成されており、設置場所や環境などに合わせて素材や長さを選択します。ブラケットセット2種類、ケーブル6種類、スリーブ1種類をご用意。
メーカー希望小売価格は、98,000円~189,000円(税抜き、組み合わせにより変動)



※はしごは製品に含みません。
※3M、Lad-Safは3M社の商標です。

【3Mについて】
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は320億ドルで、9万1,000人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3M/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについてはwww.mmm.co.jpをご覧ください。

<3M™ 墜落防止用製品に関するお問い合わせ先>
カスタマーコールセンター TEL: 0570-011-321

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる