企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

測定業務の働き方改革をサポートする測定記録支援システム 来春販売

(2019/12/9)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社キャパ

測定業務の働き方改革をサポートする測定記録支援システム 来春販売

株式会社キャパ(本社東京都千代田区、代表取締役会長:吉良平四郎、以下キャパ)は、株式会社関電工(本社東京都港区、取締役社長:森戸 義美、以下関電工)より委託を受け開発した、測定器とPCを無線で通信し、測定結果を自動的に連携先のアプリに入力する事が出来るアドインソフト「BLuE」の販売を開始します。




キャパは、測定器とPCを無線で通信し、測定結果を自動的に連携先のアプリに入力する事が出来るアドインソフト「BLuE」を、関電工より委託を受け開発しました。

現時点では、連携先アプリとして「Microsoft Excel」「AutoCAD」が使用可能です。 Microsoft Excel対応版では、既に書類として作成、使用している帳票をそのまま利用し、選択したセルに直接測定値を入力する事ができます。 AutoCAD対応版では、既にある図面をそのまま利用し、図面上の指示した点にマーカーと測定値を自動的に記入する事ができます。

BLuEを活用することにより、現場での測定・記録業務における大幅な負担軽減が期待されます。従来は測定結果を紙面に書き残しながら測定を行い、全ての測定が完了した後、報告書作成などPCでの作業を実施していましたが、BLuEは測定結果を任意の帳票や図面へ直接記入することが可能であるため、測定が完了すると同時に報告書などの書類が完成します。関電工で実施した社内実証試験では、測定・記録業務にかかる時間が約3割削減されました。

BLuEの操作は直感的かつシンプルで、現場ですぐに利用できるようになっています。 測定器とPCの通信方式には主に一般的な通信方式であるBluetooth Low Energy(BLE)を利用しており、測定器側も順次ラインナップを増やす予定です。

販売開始は2020年春、対象機種はデジタルマルチメータ(三和電気計器PM300BT)、絶縁抵抗測定器(共立電気計器KEW3441BT)を予定しております。

■株式会社キャパ
名称 : 株式会社キャパ
設立 : 1982年10月
本社 : 〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-14 KDX秋葉原ビル 2F/7F/8F
代表者 : 吉良 平四郎
資本金 :100百万円
事業内容 : 「より楽しい便利」なアプリケーションやサービスを秋葉原から発信しているソフトウェア企業です。
詳しくは以下をご参照ください。
https://www.capa.co.jp/

■株式会社関電工
名称 : 株式会社関電工
設立 : 1944年9月
本社 : 〒108-8533 東京都港区芝浦四丁目8番33号
代表者 : 森戸 義美
資本金 :10,264百万円(2019年3月末現在)
事業内容 : 電気設備工事、空調・給排水設備工事、情報通信関連工事、電力設備工事、発電事業、等
詳しくは以下をご参照ください。
https://www.kandenko.co.jp/

=====================
●本件に関するお問い合わせ先
株式会社キャパ 営業部
担当:風間
Email :kazamajy@capa.co.jp
TEL : 03-5297-2873(営業部直通)
=====================

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる