企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

千葉事業所に次世代電池向け固体電解質の小型量産設備を新設

(2020/2/18)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:出光興産株式会社

千葉事業所に次世代電池向け固体電解質の小型量産設備を新設

全固体リチウムイオン電池の実用化を加速

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤 俊一、以下当社)は、次世代電池として有望な全固体リチウムイオン電池※向け固体電解質の商業生産にむけた実証設備を、当社の主力事業所の一つである千葉事業所内に新たに建設します。全固体リチウムイオン電池は、電気自動車や定置用電池向け等に早期の実用化が求められており、キーマテリアルである固体電解質に対するニーズも高まっています。なお、本設備の完工・稼働開始は2021年度第一四半期を予定しています。 ※ 全固体リチウムイオン電池:リチウムイオン電池の一種で、正極と負極間のイオンの伝導を固体の電解質が担う電池。


当社が試作した全固体リチウムイオン電池
近年、全固体リチウムイオン電池はエネルギー密度向上、充電時間の短縮、安全性向上などにより、現行の液系リチウムイオン電池の課題を克服できる次世代電池として急速に開発が進められています。こうした中、当社は全固体リチウムイオン電池のキーマテリアルである硫化物系固体電解質を開発しています。当社は、これまでに高純度の硫化リチウム製造法を確立しており、硫化リチウムを原料とする硫化物系固体電解質について開発をリードし、現在数多くの特許を保有しています。

これまで蓄積してきた技術を実用化することにより、今後固体電解質の量産および更なる品質向上、コスト削減を図り、原料からの一貫生産と安定供給体制の構築を目指します。当社は、全固体リチウムイオン電池向け固体電解質の開発・実用化を推進し、電動化社会に貢献していきます。

【量産実証設備の概要】
(1)所在地:千葉県市原市姉崎海岸2-1(当社千葉事業所内)
(2)完工・稼働開始:2021年度 第一四半期(予定)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる