企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

“説明可能なAI”を用いたアジャイル開発を促進するデータ分析基盤/Databricksの分野で電通デジタル様と共同ソリューション開発

(2020/12/4)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社ナレッジコミュニケーション

 “説明可能なAI”を用いたアジャイル開発を促進するデータ分析基盤/Databricksの分野で電通デジタル様と共同ソリューション開発

株式会社ナレッジコミュニケーション(本社:千葉県市川市、代表取締役:奥沢 明 以下、ナレッジコミュニケーション)は、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル社)と協業し、企業の営業活動において、顧客の購買、解約、嗜好性などの予測モデルを「説明可能なAI(Explainable AI:以下XAI)」の手法を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスのデータ分析基盤構築をご支援いたします。


本協業においてナレッジコミュニケーションは、AI /機械学習に特化した統合データ分析基盤である「Databricks」(データブリックス)(Databricks社※提供)の基盤構築、運用を担当します。数少ない国内でのDatabricksパートナーである弊社がパブリッククラウド上にデータ分析基盤を構築することでエンタープライズレベルのセキュリティを担保しながら、高速なデータ加工処理並びに予測モデル生成を実行する環境をスピーディーに提供します。

デジタルマーケティング領域における高い知見を持つ電通デジタル社と協業することで、アジャイル型によってXAIを用いた予測モデルのプロトタイプを素早く構築、予測結果の利用者である現場スタッフや営業担当者からのフィードバックを受けた改善を高速で繰り返し、現場のニーズに沿った営業アタックリストや顧客プロファイルシートを迅速に提供します。

今後もナレッジコミュニケーションは、電通デジタル社と共にデジタルマーケティング領域におけるAI活用促進をリードし、クライアント企業のDX推進と事業成長に貢献します。


データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑氏のコメント
この度の株式会社電通デジタル様と株式会社ナレッジコミュニケーション様の協業において、弊社が提供する統合データ分析基盤が選ばれたことを大変嬉しく思います。日本企業のデータとAIの活用は、今後高まる一方で、実ビジネスに迅速に活かせる仕組みやプロセスの構築が急務となっておりました。本取り組みは、この課題に対する1つの回答であり、3社間による協業の強化によって、日本におけるデータとAIの活用がより一層進むよう尽力して参ります。

※Databricks(データブリックス)について(https://databricks.com/jp)
Databricks社のDatabricksは、AI/機械学習に特化した統合データ分析基盤を提供します。データのサイロ化を解消する「Lakehouse (レイクハウス)」アーキテクチャにより、構造化/非構造化データに加え、バッチ/リアルタイム処理を単一のプラットフォーム上で処理が可能です。また、ウェブブラウザーベースで、シンプルな協業を可能にするNotebook形式のコラボレーションツールにより、機械学習のライフサイクルを効率的に管理し、データチームの生産性向上を実現します。

■株式会社電通デジタルについて(https://www.dentsudigital.co.jp/)
電通デジタルは、2016年7月に国内電通グループのデジタルマーケティング専門会社として設立しました。デジタルマーケティングの全領域に対して、「コンサルティング」、「開発・実装」、「運用・実行」の機能を持ち、統合的で最先端のマーケティングサービスを提供しています。テクノロジーやデータ、クリエ―ティブなど各領域のプロフェッショナルが、電通グループ各社との連携によりシナジーを創出し、クライアントの事業成長パートナーとしてビジネスの成功に貢献します。

■株式会社ナレッジコミュニケーションについて(http://www.knowledgecommunication.jp/)
ナレッジコミュニケーションは、2012年よりクラウド導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。AI/ML 分野においてはお客様自身の AI/ML 導入並びに運用を促進する「AI 内製化ソリューション」等を提供しており、日本のAPNコンサルティングパートナーとしては国内初のAWS Machine Learning コンピテンシーパートナーとして認定されています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000004474.html

社 名:株式会社ナレッジコミュニケーション
本 社:千葉県市川市相之川3-13-23 丸伝小川ビル3F
代表取締役: 奥沢 明
設 立: 2008年11月13日
事業内容:クラウドAI導入支援、運用サポート等

<お問い合わせについて>
株式会社ナレッジコミュニケーションビジネス・デベロップメント部
五十嵐 佐藤
E-Mail:cloud@knowledgecommunication.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる