企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【協定締結のお知らせ】株式会社スペースワンは警視庁南千住警察署と「大規模災害時における情報提供等に関する協定」を締結しました

(2022/1/27)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社スペースワン

【協定締結のお知らせ】株式会社スペースワンは警視庁南千住警察署と「大規模災害時における情報提供等に関する協定」を締結しました

本締結により大規模災害時においてドローン(水中・空中)を活用し被害状況等の情報提供を支援します

株式会社スペースワン(本社・福島県郡山市、代表取締役:小林康宏)は、大規模災害が発生した際にドローン(空中・水中)を活用することにより、いち早く被害状況等を把握し情報提供を行う「大規模災害時における情報提供等に関する協定」を警視庁 南千住警察署と締結いたしました。


株式会社スペースワンは警視庁南千住警察署との協定締結により、大規模災害時にドローン撮影(空中・水中)による災害現場の被害状況の把握に協力し、情報提供を行ってまいります。
警視庁南千住警察署と株式会社スペースワンが協定締結(同署警備課長 警視 永田様(右)と当社代表 小林(左)



「大規模災害時における情報提供等に関する協定」締結

【協定の名称】
大規模災害時における情報提供等に関する協定

【協定締結日】
2022年1月27日

【協定の概要】
大規模災害時において、ドローン撮影(空中・水中)により災害現場の被害状況等を収集し、情報を提供する。また、水難救助活動における水中ドローンによる活動支援を行う。





株式会社スペースワン(本社・福島県郡山市)



株式会社スペースワン(本社・福島県郡山市)は「社会に貢献し、挑戦し続けるエクセレントカンパニーへ」を掲げ、ドローン事業をはじめ、福島県産品の販売を行う通販事業、販促品制作事業などに携わっております。

ドローン事業部は、2015年には福島県初のJUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)認定の「福島ドローンスクール」を開校。ドローン産業の健全な発展のために、開校以来無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行っております。また、2018年からは水中ドローン事業を立ち上げ、水中ドローンの販売・修理だけでなく水中ドローンの利活用を推進する啓蒙活動も積極的に行ってまいりました。



2022年3月からは、これまでのドローン事業で培った豊富な経験と知識を基に、東京営業所(東京都台東区上野)において、空中・水中ドローンの操縦を学び、ライセンス取得が可能な「エアオーシャン ドローンスクール 東京校」を開校いたします。

【エアオーシャン ドローンスクール 東京校 開校】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000045277.html



各自治体との協定締結


2017年11月に福島県郡山市とドローンの普及や人材育成、ドローンを活用した復興・災害支援に関する協定を締結いたしました。同年12月には郡山地方広域消防組合と、2018年3月には全国の68事業所のひとつに選定され、災害の被害調査などの活用を視野に総務省消防庁と「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影など)に関する協定」を締結いたしました。
2022年5月には荒川区と「災害時等における無人航空機を活用した支援業務に関する協定」を締結。災害時等には「無人航空機を活用した区内やその周辺の被害状況の情報収集」「調査、撮影した映像等の提供」「平常時の防災訓練や普及啓発活動への参加協力」等の体制を整えるため、同年12月には荒川区防災課と合同で防災訓練を実施いたしております。
荒川区防災課と合同で行った防災訓練
荒川区役所上空からの撮影
また、当社では空中ドローンに加え水中ドローン事業を展開しており、2020年8月には会津若松地方広域消防本部様との合同水難救助訓練に参加し、水中ドローンの説明デモを行い、同年9月には猪苗代湖での水難事故における水中ドローン活用について実証デモを行いました。その実用性が高く評価され、2021年3月には会津若松地方広域市町村圏整備組合様と「災害時における無人航空機等の活用」に関する協定を締結しております。

会津若松地方広域市町村圏整備組合様との合同水難救助訓練

【会津若松地方広域市町村圏整備組合様と協定締結】
https://fukushima-drone.com/2021/04/018819/


東北初の国土交通省認定 無人航空機講習団体 JUIDAの認定スクールを運営(福島ドローンスクール)

株式会社スペースワンが運営している福島ドローンスクールは、東北初の国土交通省認定 無人航空機講習団体JUIDAの認定スクールとして、これまで400名以上の修了生を輩出。その他、自治体・企業様1000名以上、学生1200名以上に講習会を行うなど豊富な実績と経験を有しております。

実技実習風景
2021年1月より福島県主催で、全国的にも類のない規模で福島県内の12消防本部・59市町村の消防団員・及び市町村職人を対象に講習会を実施し、災害現場を想定した実践的な飛行訓練や要救助者捜索活動訓練を行いました。県内消防職員だけなく、消防団員・市町村職員も含めた規模でドローン講習を行いました。

屋外実習風景
座学風景
同年3月に菅義偉前総理が福島ロボットテストフィールドを視察された際には、代表の小林が菅前総理へ2019年10月の台風19号で郡山市の災害対策本部と連携してドローンによる災害状況の調査を行った実体験をもとに、ドローンの有効性や災害時の活用等について説明させていただきました。

菅前総理に説明を行う小林代表
【福島ドローンスクール実績紹介】
https://fukushima-drone.com/works/


株式会社スペースワン 新規ドローンスクールを東京上野エリアで開校


福島ドローンスクールで培った豊富な実績・経験を基に株式会社スペースワン 東京営業所は『エアオーシャンドローンスクール東京校』を開校いたします。都心の東京上野エリアにて「空中ドローン」「水中ドローン」の講習を受講することができ、座学会場はJR山手線御徒町駅から徒歩3分、銀座線上野広小路駅から徒歩1分と好立地で、湯島駅や上野御徒町駅からのアクセスも抜群です。実際にドローンを飛行させる実技実習も至近の施設を利用し、空撮で使用される機種を使用した講習を行います。
座学会場となるエアオーシャンラボには空中・水中の様々なドローンが展示されております。
座学会場『エアオーシャンラボ』
展示機体
上野エリアにある座学会場


エアオーシャンドローンスクール東京校

エアオーシャンドローンスクール東京校には経験豊富なインストラクターが在籍しております。ユーザーのスキルに合わせて丁寧に指導いたしますのでドローンの操縦経験がない方でも安心してご受講いただけます。


【講習内容】(今後、カリキュラムを追加予定)
■ドローン操縦士認定コース
初めてドローンを操縦する方向けに、安全に飛行するための必要最低限の基礎知識や操作方法が2日間で学べるコース。
■ATTI LESSON
GPSに依存しない操作方法で、操縦技術のスキルアップを目指したい方に向けのコース。
■DJI CAMP
ドローンメーカー「DJI」が主催する2日間(または3日間)の教育プログラムで、飛行時間10時間以上の方が対象(筆記と飛行技能試験を実施し試験合格者には技能資格認定書が発行されます)
■プログラミング講師育成コース
プログラミング飛行の講習会を開催したいとお考えの方に向けたコース。
■水中ドローン安全潜航操縦士講習
水中ドローン業界トップクラスの実績を持つ講師陣による水中ドローン人材の育成コース。
■カスタマイズ講習
法人様向けに業種や用途などのご要望に応じたオリジナルの研修をプログラム可能です。
ドローン操縦士認定コース、DJICAMPとの組み合わせ等ご希望の内容により、最適なカリキュラムをご提案いたします。

【エアオーシャンドローンスクール東京校 在籍インストラクター】





エアオーシャンドローンスクール東京校 無料説明会を2月より開催

【日 時】1.2022年2月4日(金)
     2.2022年2月8日(火)
     3.2022年2月17日(木)
     4.2022年2月24日(木)
【時 間】17:00~18:30
【会 場】株式会社スペースワン エアオーシャンラボ
     〒110-0005 東京都台東区上野1-20-1-5F
【参加費】無料
【内 容】各種コースの概要
【定 員】なし
【お申込みフォーム】https://forms.gle/d19LqC5ChbgQ7UuR6

ドローンに少しでもご興味のある方、操縦してみたいけど迷っている方はぜひこの機会にご参加ください。

▶株式会社スペースワン https://spacexone.com/
▶福島ドローンスクール https://fukushima-drone.com/
▶エアオーシャンドローンスクール東京校プレスリリース
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000045277.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる