企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

国内移動スーパー業界初、買い物難民を支援する移動スーパー「とくし丸」の稼働台数が300台を突破

(2018/4/24)

カテゴリ:経営情報

リリース発行企業:オイシックスドット大地株式会社

国内移動スーパー業界初、買い物難民を支援する移動スーパー「とくし丸」の稼働台数が300台を突破

CGC東海グループ加盟の(株)義津屋と新たに提携、今秋稼働をめざす

 オイシックスドット大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下「オイシックスドット大地」)の連結子会社である、株式会社とくし丸(本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:住友 達也、以下「とくし丸」)では、2018年4月24日(火)に移動スーパーとくし丸の稼働数が303台となり、国内で展開する移動スーパー業界において初めて300台を超えました(※当社調べ、2018年4月時点)。また、スーパーマーケット事業を展開する株式会社義津屋(愛知県津島市、代表取締役:伊藤 彰浩、以下「義津屋」)と本年4月に提携し、今秋の稼働を目指します。  地域の過疎化や核家族化などによる買い物難民は全国に700万人いると推計され(2015年経済産業省調査)大きな社会問題となっています。内閣府による平成28年版高齢社会白書調査によると全国の65歳以上の高齢者人口は2025年には日本国民の30.3%に達すると予測、また、世帯主が65歳以上の単独世帯と夫婦のみ世帯の世帯数全体に占める割合は25%を超える見通しとなっており、今後移動スーパーのニーズはさらに高まる見込みです。


■ 移動スーパーとくし丸とは




 移動スーパー事業を手掛けるとくし丸は、買い物難民を支援するため2012年に設立され、昨年5月からはオイシックスドット大地の子会社となり、事業を推進しています。

 地域のスーパーマーケット(以下SM)と契約した販売パートナーと呼ばれるオーナー経営者(個人事業主)が地域の提携SMの商品を選りすぐり、400品目1200点の商品を冷蔵機能を備えた軽車両に積んで各エリアを巡回し商品を販売する仕組みです。

 また、地域の自治体や警察署と見守り協定を結び、お客様に病気の兆候があった場合は地域包括センターに連絡、詐欺事件を防止するなど地域の安全も見守っています。

■ 稼働台数が300台突破、月間流通総額5億を超え、新たに(株)義津屋と提携

 2012年設立以来、地域密着型SMのご協力の元、稼働台数、流通金額共に順調に増加しました。2017年12月には月間流通総額が5億を超え、2018年4月24日(火)に(株)サンシャインチェーン本部室戸店1号車(高知)、(株)エスマー ト湖山店1号車(鳥取)、(株)リバティ長岡店1・2号車(京都)、の同日4台開業により、本年4月24日時点で、89社のSMと提携し、43都道府県で303台稼働となりました。
 2018年4月には東海エリアで23店舗のSMを展開する義津屋と提携、今秋の稼働を目指しています。
義津屋代表の伊藤氏はSMの協業組織であるCGC東海グループ(総店舗数450店舗)の会長も務めています。
 また、これまでの導入実績を受け、多店舗展開するSMでの導入も進み、2017年1月以降は(株)ベルク(100店舗)、(株)関西スーパー(65店舗)、(株)いなげや(137店舗)、(株)コモディイイダ(82店舗)、(株)サンリブ(147店舗)等と提携しています。

■企業情報




株式会社義津屋
創業:1932年
代表取締役:伊藤 彰浩
店舗エリア:愛知県、岐阜県、三重県
店舗数:23店舗
本社:愛知県津島市新開町1丁目6番地


株式会社とくし丸
設立:2012年
代表取締役社長:住友 達也
事業内容:買い物難民に向けた移動スーパー事業
本社:徳島県徳島市南末広町2-95 あわわビル3階


■とくし丸の販売パートナーとは
 移動スーパーとくし丸の車両を所有し、提携スーパーが取り扱う生鮮食品や生活雑貨等の移動販売を行います。拠点となる地元スーパーの協力で、仕入れは「0(ゼロ)」です。いわば「販売代行」を行っていただく、という仕組みです。そのため、生鮮食品のロスを心配せずに販売できます
 また、販売エリアでの顧客開拓やノウハウなどはとくし丸本部が丁寧にサポートしています。

参考)「とくし丸の仕組み」




※とくし丸の販売の現場の取材や電話取材等、随時受け付けています。


オイシックスドット大地株式会社について
 オイシックスドット大地株式会社は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix(おいしっくす)」および「大地を守る会」にて提供しています。2013年7月からは、必要量の食材とレシピがセットになったミールキット「Kit Oisix」を展開し、累計出庫数が900万食(2018年2月末時点)を越え、好評を得ています。今後は株式会社NTTドコモと業務資本提携し、ミールキット専用のECサイトを立ち上げる予定です。
 また、2018年2月より、同じく有機野菜などの宅配サービスを手がけるらでぃっしゅぼーや株式会社を子会社化し、より良い食卓の広がりを目指して参ります。また、買い物難民を支援する移動スーパー事業「とくし丸」についても。順調に事業を拡大しております。
 当社は、「これからの食卓、これからの畑」を理念に掲げ、食に関する社会課題をビジネスの手法で解決する事業を推進しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる