企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

一般市民1000人が選ぶ"病院向け事務服" の人気投票を実施

(2018/11/27)

カテゴリ:調査レポート

リリース発行企業:株式会社ユニフォームネット

一般市民1000人が選ぶ"病院向け事務服" の人気投票を実施

ユニフォーム業界初!病院利用者視点の事務服人気投票

企業用ユニフォームの専門商社である株式会社ユニフォームネット(東京都千代田区 代表取締役社長:荒川広志 創業1975年2月)は、病院の受付スタッフや医療事務スタッフが着用するユニフォーム(事務服)について、"病院利用者からの視点"でのアンケート調査を行いました。


病院の受付ではどのような人に対応してもらいたいですか?
老若男女が訪れる「病院」。その受付スタッフや医療事務スタッフはユニフォーム(事務服)を着用しています。一般企業の事務職が着用するユニフォーム(事務服)と同じようにも見えますが、病院と企業では接する相手の状況や「こう見られたい」というニーズ、仕事内容が異なるため、ユニフォーム(事務服)の選び方にも差異が生じます。一方で、一般的に病院スタッフのユニフォーム(事務服)を選ぶ際は、着用者の好みや着心地を優先する傾向にあり、病院利用者の病院スタッフに対する印象という視点はあまり反映されていないのが現状です。そこで当社では、今後の商品開発や病院がユニフォーム(事務服)を選定する時の新たな基準の一つとして、また病院の広報活動の参考にしてほしいという思いから本アンケート調査を実施しました。

【アンケート質問項目】
「病院を訪れた際、受付や事務スタッフに安心感や信頼感を感じるスタイル(事務服)はどれですか?」

【調査結果/サマリー】
●流行の「おもてなし感」を演出できる華やかなスカーフ着用のスタイルが総合1位。

●男性票では従来の事務服スタイルで落ち着いた色合いの上下セットが1位に。

●可愛いさを強調したものより、綺麗さやきちんと感が伝わるものが上位に。


華やかなピンクのスカーフと同系色のベストで目を引いた3.エンジョイは、総数の24.1%、さらに女性票だけでは26.7%を占める結果で、他のユニフォーム(事務服)との差をつけ総合1位となりました。
華やかなスカーフやリボンなどのアクセサリーは、事務服の着用者側からの意見として「あまり派手にしたくない」「着用者の年代が幅広いので落ち着いたものを着たい」と嫌煙される側面もありますが、患者さんやお見舞いで病院を利用する方の目線では、おもてなし感があり、明るい雰囲気をつくりだすこのようなスタイルが高評価を得る結果となりました。


一方で男性票だけを見ると、5.グロウの上下セットアップで従来の事務服スタイルが1位を獲得しています。
2位とは僅差ですが、男性の利用者が多い立地の病院や経営者や高所得者をターゲットとした人間ドックなどを行う病院などでは参考にできる結果ではないかと考えています。

全体の順位としては、リボンやポケットの形などで可愛さを強調したユニフォーム(事務服)よりも、綺麗さやきちんと感が伝わるスタイルが上位に入る傾向にありました。また、8社のアパレルメーカーのうち、4社がベージュ、イエロー系のユニフォーム(事務服)をお勧めユニフォームとして推していますが、まだ一般的ではないという結果となりました。一般企業と病院スタッフの事務服を同一で考えることはできないという考察の一例となるでしょう。

★年代別の詳細データはコチラ★
https://prtimes.jp/a/?f=d23648-20181122-1819.pdf


総合1位となった株式会社カーシーカシマ(3.エンジョイ)様のコメント
「優しいピンクチェック柄のベストは、近年特に医療の現場で求められる"親しみやすい雰囲気"に合致し、評価を頂いたのではないかと思います。また機能面でも、医療用PHSやカードホルダーを固定させるストラップストッパーが付いていたり、小分けに収納できる大容量ポケットなど多機能なつくりで、持ち物が多い医療事務スタッフに好評を頂いている商品です。首元のオリジナルのスカーフは目を引くだけではなく、乳がんの啓蒙活動を表す世界共通のシンボルマークのピンクリボン柄で、購入頂くと日本対がん協会に寄付されるチャリティースカーフですので、医療を取り巻く環境を良くしていこうという意識を、ユニフォームを通して高めていけるものでもあります」


【アンケート調査概要】
調査方法:「第4回こおりやま産業博 KORIYAMA EXPO2018」の株式会社ユニフォームネットブースに来場して頂いた方を対象に実施。オフィスで着用する事務服を製造するアパレルメーカー8社に、病院の受付及び院内で働く医療事務スタッフ向けのお勧めユニフォーム(事務服)を各社上下1セット(ベスト&スカートスタイル)ずつ選定してもらい、当社ブースにて商品をマネキンに着用させて展示。計8体のマネキンの中から質問に該当する1体を選んでもらう。

質問内容:
「病院を訪れた際、受付や事務スタッフに安心感や信頼感を感じるスタイル(事務服)はどれですか?」

日時:2018年10月5日(金)~10月7日(日)
会場:ビックパレットふくしま 多目的展示ホールA・B・C
イベントHP:https://www.ko-cci.or.jp/event/maturi/expo.html
主催:こおりやま産業博実行委員会
  (郡山市・郡山商工会議所・郡山地区商工会広域協議会・福島さくら農業協同組合)
有効投票数(当社ブース来場者数):1019票(女性604票、男性378票、性別不明37票)※男女全年齢対象


【株式会社ユニフォームネット会社概要】
株式会社ユニフォームネット
~UNIFORM SOLUTION COMPANY~
創業1975年2月。業務用ユニフォームの企画・販売を通じて「企業の課題」を解決することを目指している。営業拠点は東京のほか、北関東・福島地区に10拠点をおく。

本社:東京都千代田区鍛治町2丁目4番地5号 オオタニビル4階
代表取締役社長:荒川広志
資本金:99,500,000円
HP:http://www.uniform-net.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
メディア掲載・取材などに関するお問い合わせ先は以下までお願い致します。
株式会社ユニフォームネット
企画部広報課 tel.03-5207-3193

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる