INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 自動車・輸送機 ]

ホンダ「国産シビック」復活-7年ぶり、来秋から埼玉・狭山で生産

(2016/10/31 05:00)

  • 売れ行き堅調のシビックセダン

ホンダは2017年秋にも国内で主力セダン「シビック」の生産を始める。17年内に日本で発売する。シビックの国内生産は10年に生産を終了して以来7年ぶりとなる。海外で主力のシビックを国内でも生産することによって、低迷する国内生産の稼働率を改善する。国内販売のテコ入れにもつなげる考えだ。

サプライヤーに生産計画を伝えた。生産場所は狭山工場(埼玉県狭山市)。北米など輸出モデルを同工場で生産することも検討している。

ホンダは18年度にも国内生産を90万台半ばまで拡大する方針を掲げている。15年度は76万台だった。小型車「フィット」などの輸出モデルの拡大で足元では増えているが、新規車種の生産を始めることによって、国内生産を着実に拡大基調にのせる考え。すでに、スポーツ多目的車(SUV)「CR―V」の欧州向けモデルを国内で生産することも決めている。

シビックは15年秋に全面改良し、北米を皮切りに発売。堅調な売れ行きを示している。「デザインや走りが受け入れられている」(ホンダ幹部)といい、好調な中国販売の牽引(けんいん)役にもなっている。

シビックの国内生産は、ハイブリッド車(HV)仕様を最後に10年末に終了していた。15年秋には、国内でスポーツ型の「シビックタイプR」を限定発売したが、欧州から輸入していた。八郷隆弘社長は、18年までにシビックを国内投入する検討をしていると明らかにしていたが、日本で生産することは明言していなかった。

(2016/10/31 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

設計者のためのめっき設計仕様書の書き方

設計者のためのめっき設計仕様書の書き方

パリ協定で動き出す再エネ大再編
世界3大市場で伸びる事業を見極めろ

パリ協定で動き出す再エネ大再編 世界3大市場で伸びる事業を見極めろ

大人が読みたいエジソンの話
発明王にはネタ本があった!?

大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった!?

日本のものづくりを救う! 
最強の「すり合わせ技術」

日本のものづくりを救う! 最強の「すり合わせ技術」

技術士第一次試験「上下水道部門」専門科目択一式問題 厳選250問<解答と解説> 第2版

技術士第一次試験「上下水道部門」専門科目択一式問題 厳選250問<解答と解説> 第2版

ワイヤレス給電技術入門

ワイヤレス給電技術入門

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン