INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 化学・金属・繊維 ]

日本製鋼、新日鉄住金のシームレス鋼管で水素ステーション用蓄圧器開発−重量半減

(2017/2/17 05:00)

日本製鋼所は16日、新日鉄住金のシームレス鋼管を採用し、水素ステーション向け蓄圧器(写真)を開発したと発表した。5月に発売する。従来は鍛造した丸形棒鋼から削り出し、容器状に加工していたのを、筒状のシームレス鋼管を使うことで初期モデルに比べ重量を半分以下に、価格を3割それぞれ落とした。価格は将来的に半減を目指しており、水素ステーションの建設費低減に貢献する。

クロムとモリブデンを添加し、高圧水素環境下でも強度を保てるシームレス鋼管の量産品を適用した。サイズは直径約40センチメートル、長さ約5メートル。重さは非公表。2014年に開発に着手し、材料特性から最適な肉厚、熱処理の均一性などを何度も評価。その結果、高圧水素下での繰り返し使用回数10万回以上の疲労耐久性を確保した。日本製鋼所によると、高圧下で使う蓄圧器にシームレス鋼管を採用したのは世界初。

鋼管の製造は新日鉄住金和歌山製鉄所(和歌山市)。石油ガスの掘削に使う鋼管を蓄圧器向けに仕様を修正。これを日本製鋼所が室蘭製作所(北海道室蘭市)で熱処理し、ふたのねじ切りなどを加えて蓄圧器に組み立てる。低価格を武器に、今後建設される水素ステーションで半分超のシェア獲得を目指す。

18年には低合金製の容器を炭素繊維で補強するタイプも商品化する予定。同じく新日鉄住金のシームレス鋼管を採用する。

(2017/2/17 05:00)

関連リンク

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

ねじとばねから学ぶ!設計者のための機械要素

ねじとばねから学ぶ!設計者のための機械要素

創造力を鍛える マインドワンダリング
モヤモヤから価値を生み出す東大流トレーニング

創造力を鍛える マインドワンダリング モヤモヤから価値を生み出す東大流トレーニング

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい元素の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい元素の本

平成29年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

平成29年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

実践!射出成形金型設計ワンポイント改善ノウハウ集

実践!射出成形金型設計ワンポイント改善ノウハウ集

おもしろサイエンス 
刃物の科学

おもしろサイエンス 刃物の科学

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン