INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ICT ]

NECと富士通、サイバー防衛体制を再構築 世界でAIが常時監視

(2017/2/21 05:00)

情報通信技術(ICT)大手の2社が、サイバー攻撃を防御・検知するセキュリティー監視体制を世界で構築する。NECは2017年4―9月期中に米国にセキュリティー専業の現地法人を設立し、日米欧の世界3極で時差を利用した24時間監視サービスを始める。富士通もグループ連携の強化により、世界中のどの拠点からでも一元的に監視できる体制を17年度中に構築する。2社とも人工知能(AI)を使い未知の攻撃も含めて広範囲に対抗する。

NECと富士通が強化するのは、セキュリティーの専門家が客先のシステムを24時間365日監視する「セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)」。守備範囲は企業ネットワークの境界領域の監視に加え、ファイヤーウォール(防御壁)をすり抜けて組織内に潜伏する未知のウイルスの検知までを網羅する。

NECは監視業務を国内に集中させているが、16年にオーストリアにセキュリティー専門の...

(残り:445文字/本文:845文字)

(2017/2/21 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

有料会員:月額4,000円+税で、電子版すべての機能 をご利用いただけます。

無料会員:有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

PR

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアミノ酸の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアミノ酸の本

「配管設計」実用ノート

「配管設計」実用ノート

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい高分子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい高分子の本

実際の設計選書 
続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

実際の設計選書 続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

“ケムシェルパ”を活かした 
よくわかる規制化学物質のリスク管理

“ケムシェルパ”を活かした よくわかる規制化学物質のリスク管理

おもしろサイエンス 
匠の技の科学 動作編

おもしろサイエンス 匠の技の科学 動作編

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン