INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 新製品 ]

トヨタ、レクサス「LC」投入−新後輪駆動車台を採用

(2017/3/17 05:00)

トヨタ自動車は16日、高級車ブランド「レクサス」の旗艦クーペ「LC=写真」を同日発売したと発表した。新設計思想「TNGA」を基に新開発した後輪駆動(FR)車台「GA―L」を採用、排気量5000ccのV型8気筒エンジンタイプとハイブリッド車(HV)仕様をそろえた。価格は1300万―1450万円(消費税込み)。国内で月間50台、グローバルで同550台の販売を目指す。

レクサスのクーペは2014年発売の「RC」以来。エンジン車「LC500」は躍動的なエンジンサウンドを実現、長距離走行時の静粛性と加速時の迫力のあるサウンドを両立させた。HV「LC500h」には排気量3500ccのV型6気筒エンジンを搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギアを初めて組み合わせた。

外観は12年に公開したコンセプトカーのデザインイメージをモチーフとした。低重心や張り出したフェンダーなどが特徴。社内カンパニー、レクサスインターナショナルのプレジデントの福市得雄専務役員は「皆さまの心を動かすモデルに仕上がった」と強調する。

10速自動変速機(AT)も採用。外板は全11色。元町工場(愛知県豊田市)に新設したLC専用の組み立てラインで生産する。

(2017/3/17 05:00)

関連リンク

新製品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアミノ酸の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアミノ酸の本

「配管設計」実用ノート

「配管設計」実用ノート

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい高分子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい高分子の本

実際の設計選書 
続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

実際の設計選書 続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

“ケムシェルパ”を活かした 
よくわかる規制化学物質のリスク管理

“ケムシェルパ”を活かした よくわかる規制化学物質のリスク管理

おもしろサイエンス 
匠の技の科学 動作編

おもしろサイエンス 匠の技の科学 動作編

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン